トップページ>> 「お客さま本位の業務運営に関する方針」の策定について

お客さま本位の業務運営に関する方針

当行は地域金融機関として、お客さまのご繁栄と地域経済社会の成長発展のために誠実に業務に取り組んでおります。今後もお客さま本位の業務運営を一層強化する為に以下の方針を策定し、その取組状況について定期的に公表してまいります。

お客さまの最善の利益の追求

  • お客さまの最善の利益を追求するために、専門の窓口やスタッフによる当行独自のコンサルティング機能を十分に発揮してまいります。
  • お客さまのライフステージに応じたサポートに努め、お客さまのニーズや利益にかなう商品プランをご提案してまいります。

利益相反の適切な管理

  • 商品選定や情報提供等お客さまの資産形成をサポートするにあたり、お客さまの利益が不当に損なわれることのないよう、適切に管理してまいります。
  • 商品選定の経緯等については、随時モニタリングを行い、不適切な取扱いがないか検証してまいります。

手数料等の明確化

  • お客さまにご負担いただく手数料等について分かりやすい説明を行い、手数料等に見合った付加価値の高いサービスの提供に努めてまいります。

重要な情報の分かりやすい提供

  • お客さまの知識や経験にあわせた丁寧な説明と情報の提供に努めてまいります。
  • お客さまの金融商品のご購入後も、定期的なアフターフォローなどによりきめ細かな情報提供を行うよう努めてまいります。
  • 各種セミナーを開催し、金融情報を積極的に発信してまいります。

お客さまにふさわしいサービスの提供

  • お客さまの幅広いニーズに応じられるよう、金融商品のラインアップの整備やサービス内容の見直しをすすめてまいります。

従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

  • 役職員がお客さまの最善の利益を意識して行動していくための評価制度の構築に努めてまいります。
  • 役職員一人ひとりがお客さまにより質の高い金融サービスが提供できるよう継続的に教育・研修等を行ってまいります。

【参考】取組状況

当行保険プラザ相談会実施回数 2016年度 2017年度
上期 909回 上期 1,341回
下期 1,262回 下期 1,388回
2,171回 2,729回
各種セミナー開催回数 2016年度 2017年度
4回 16回
販売商品ラインナップ数 2017年7月現在 2018年3月現在
生命保険 19社 90商品 生命保険 20社 103商品
投資信託 7社 45ファンド 投資信託 7社 67ファンド
行内全店集合研修実施状況 2016年度 2017年度
マーケットセミナー 4回 マーケットセミナー 4回
投資信託研修 10回 投資信託研修 13回
生命保険研修 10回 生命保険研修 13回
株式会社 富山銀行
〒933-8606 富山県高岡市守山町22番地 TEL 0766-21-3535(代)  金融機関コード(銀行コード) 0145
Copyright © The Bank of Toyama, Ltd. All rights reserved.