投資信託の仕組み

投資信託のしくみについて、わかりやすくご説明します。

多くの投資家から集めた資金は、販売(販売会社=富山銀行)、運用(委託会社=投資信託会社)、保管・管理(受託者=信託会社)と、それぞれ専門家が役割を分担し、より厳正で効率的な運営を行っています。

富山銀行など販売会社の役割
お客さまと投資信託をつなぐ「窓口」となっています。
投資信託の購入や換金および分配金・償還金の支払いなどは、富山銀行など各販売会社を通じて行われます。
また、投資信託に関するいろいろな質問や相談も受け付けていますので、お気軽にご利用ください。

投資信託会社の役割
投資信託を設定し、皆様からお預かりした資産は、投資信託会社が運用します。
投資信託会社では常にグローバルな観点から、経済・金融情勢などに関するさまざまなデータを収集・分析し、専門家がノウハウを駆使しながら、信託銀行に対して効率的に運用を指図します。

信託銀行の役割
資産をしっかり保管・管理しているのは信託銀行です。
信託銀行は投資信託会社の運用の指図に従って、株式や債券などの管理・処分を行います。
また、信託銀行では自行の財産とは区別してお預かりした資産を保管(分別保管)しますので、万一信託銀行が破綻した場合においても、お預かりした資産は制度的に安全です。

 

投資信託に関する留意事項

投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
投資信託はリスクを含む商品であり、運用実績は市場環境等によります。したがって、元本および分配金が保証されている商品ではありません。主なリスクには以下のものがあります。
(金利変動リスク)
金利が上昇した場合に債券価格が下落し、基準価額が下落するリスクです。
(価格変動リスク)
ファンドに組み入れられた株式や債券などの価格の変動の影響で基準価額が下落するリスクです。
(為替変動リスク)
外貨建資産について、当該通貨の外国為替相場が円高になった場合に基準価額が下落するリスクです。
(信用リスク)
株式や債券の発行体の経営に直接・間接を問わず重大な危機が生じた場合にファンドにも重大な損失が生じるリスクです。
(流動性リスク)
市場規模が小さい場合や取引量が少ない場合等にファンドの組入銘柄を売却する際、期待価格での売却ができず、不測の損失を被るリスクです。
詳しくは各ファンドの目論見書および目論見書補完書面等をご確認ください。
投資信託のお申込時にはお申込手数料、ならびに運用期間中には信託報酬等がかかります。また、換金に際して信託財産留保額などのコストがかかるものがあります。 ※ファンド毎に手数料等は異なりますので、各ファンドの目論見書および目論見書補完書面等をご覧ください。
投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたお客様に帰属いたします。
富山銀行でご購入された投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
富山銀行は販売会社であり、投資信託の設定・運用は投信会社が行います。
投資信託のお取引に関しては、クーリング・オフの適用はありません。
投資信託をご購入の際は、目論見書および目論見書補完書面等により、必ず商品内容や留意事項を十分ご理解のうえ、ご自身のご判断でお申込みください。
目論見書および目論見書補完書面等は当行本支店にご用意しております。
商号等
株式会社 富山銀行(登録金融機関)
登録番号
北陸財務局長(登金)第1号
加入協会
日本証券業協会