投資信託の特徴

投資信託の魅力とメリットをご紹介します。

投資信託は、多くの投資家から集めた資金を一つにまとめて、内外の株式や債券などで運用し、得られた収益分を分配する金融商品です。したがって運用状況によっては、元本割れすることがあります。

投資信託のメリット

「多数の投資家から資金を集める」、「専門家によって運用される」、「資金が分散して運用される」という3大メリットがあります。


メリット 1
多数の投資家から預かった資金をひとつにまとめて投資するので、個人では難しい多額の資金を必要とする運用が可能となります。

メリット 2
収益を継続的に上げるために、専門的な知識を持つ投資のスペシャリストが資金の運用を行います。

メリット 3
ひとまとめにした資金(ファンド)を、複数の投資対象に分散投資することで、ファンド全体のリスクの抑制を図ります。例えば、ある投資対象での運用実績が悪くても、ほかの投資対象でカバーすることが可能になります。

 

投資信託に関する留意事項

投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
投資信託はリスクを含む商品であり、運用実績は市場環境等によります。したがって、元本および分配金が保証されている商品ではありません。主なリスクには以下のものがあります。
(金利変動リスク)
金利が上昇した場合に債券価格が下落し、基準価額が下落するリスクです。
(価格変動リスク)
ファンドに組み入れられた株式や債券などの価格の変動の影響で基準価額が下落するリスクです。
(為替変動リスク)
外貨建資産について、当該通貨の外国為替相場が円高になった場合に基準価額が下落するリスクです。
(信用リスク)
株式や債券の発行体の経営に直接・間接を問わず重大な危機が生じた場合にファンドにも重大な損失が生じるリスクです。
(流動性リスク)
市場規模が小さい場合や取引量が少ない場合等にファンドの組入銘柄を売却する際、期待価格での売却ができず、不測の損失を被るリスクです。
詳しくは各ファンドの目論見書および目論見書補完書面等をご確認ください。
投資信託のお申込時にはお申込手数料、ならびに運用期間中には信託報酬等がかかります。また、換金に際して信託財産留保額などのコストがかかるものがあります。 ※ファンド毎に手数料等は異なりますので、各ファンドの目論見書および目論見書補完書面等をご覧ください。
投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたお客様に帰属いたします。
富山銀行でご購入された投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
富山銀行は販売会社であり、投資信託の設定・運用は投信会社が行います。
投資信託のお取引に関しては、クーリング・オフの適用はありません。
投資信託をご購入の際は、目論見書および目論見書補完書面等により、必ず商品内容や留意事項を十分ご理解のうえ、ご自身のご判断でお申込みください。
目論見書および目論見書補完書面等は当行本支店にご用意しております。
商号等
株式会社 富山銀行(登録金融機関)
登録番号
北陸財務局長(登金)第1号
加入協会
日本証券業協会