ニュースリリース

「金融仲介機能の発揮による地域活性化に向けた取組み」について

2018年7月11日
株式会社 富山銀行

 富山銀行(頭取 齊藤栄吉)は、「金融仲介機能の発揮による地域活性化に向けた取組み」を、別紙のとおり公表しましたのでお知らせします。
 本公表は、当行の金融仲介機能を発揮した様々な取組み実績や、同取組みを客観的に評価できる指標である「金融仲介機能のベンチマーク」の状況を取りまとめたものです。
 当行は、こうした取組みが地域企業や地域経済社会の活性化等に貢献するものと考え、引き続き積極的に取組むとともに、情報開示に努めてまいります。

【ご参考】「金融仲介機能のベンチマーク」とは
金融庁は、2016年9月に、金融機関における金融仲介機能の発揮状況を客観的に評価できる多様な指標として「金融仲介機能のベンチマーク」を策定・公表しました。 ベンチマークは、すべての金融機関が金融仲介の取組状況や課題などを客観的に評価するために活用可能な「共通ベンチマーク」と、各金融機関が自身の事業戦略やビジネスモデル等を踏まえて選択できる「選択ベンチマーク」、そして各金融機関が任意・独自に設定する「独自ベンチマーク」から構成されております。

PDFはこちら

本件に関するお問い合わせ先
富山銀行 総合企画部
TEL
担当:中嶋
0766-27-0156
  営業統括部
TEL
担当:本田
0766-27-0164