ニュースリリース

「当座勘定規定」および「振込規定」の改定のお知らせ

2018年10月5日
株式会社 富山銀行

 株式会社富山銀行(頭取 齊藤栄吉)は、2018年10月9日(火)から「全銀為替システムの稼働時間拡大」により、平日営業時間終了後および銀行休業日(土・日・祝日)にも振込入金が可能となることに伴い、「当座勘定規定」および「振込規定」の一部を下記のとおり改定しますので、お知らせいたします。  
 改定後の規定は、改定前よりお取引いただいているお客さまにも適用されます。  
 なお、書面による新規定をご希望のお客さまは、富山銀行の窓口までお申し付けください。

1. 対象規定

規 定 名 改 定 箇 所
当座勘定規定(一般当座用) 第9条(支払の範囲)
当座勘定規定(専用約束手形口用) 第10条(支払の範囲)
振込規定 4.(振込通知の発信)

2. 改定内容

(1)当座勘定規定(一般当座用)

改 定 前 改 定 後
第9条(支払の範囲)
@ 呈示された手形、小切手等の金額が当座勘定の支払資金をこえる場合には、当行はその支払義務を負いません。
  (新設)





A 手形、小切手の金額の一部支払はしません。
第9条(支払の範囲)
@ 呈示された手形、小切手等の金額が当座勘定の支払資金をこえる場合には、当行はその支払義務を負いません。
A 呈示された手形、小切手は、呈示日の15時までに当座勘定に受け入れまたは振り込まれた支払資金により支払います。
なお、15時以降に入金した支払資金を支払いに充当したとしても当行は責任を負わないものとします。
B 手形、小切手の金額の一部支払はしません。

(2)当座勘定規定(専用約束手形口用)

改 定 前 改 定 後
第10条(支払の範囲)
@ 呈示された手形の金額が当座勘定の支払資金をこえる場合には、当行はその支払義務を負いません。
  (新設)





A 手形の金額の一部支払はしませ ん。
第10条(支払の範囲)
@ 呈示された手形の金額が当座勘定の支払資金をこえる場合には、当行はその支払義務を負いません。
A 呈示された手形は、呈示日の15時までに当座勘定に受け入れまたは振り込まれた支払資金により支払います。
なお、15時以降に入金した支払資金を支払いに充当したとしても当行は責任を負わないものとします。
B 手形、小切手の金額の一部支払はしません。

(3)振込規定

改 定 前 改 定 後
4.(振込通知の発信)
(1) (略)
(2) 窓口営業時間終了後および銀行休業日に振込機による振込の依頼を受付けた場合には、前項の規定にかかわらず、依頼日の翌営業日に振込通知を発信します。
(新設)
4.(振込通知の発信)
(1) (略)
(2) 窓口営業時間終了後および銀行休業日に振込機による振込の依頼を受付けた場合には、前項の規定にかかわらず、電信扱いにより依頼日当日に振込通知を発信します。
ただし、振込先の金融機関の状況等により、依頼日の翌営業日に振込通知を発信することもあります。これによって生じた損害については、当行は責任を負いません。

3. 改定日

2018年10月9日(火)