ホーム >> 富山銀行について >> 頭取メッセージ

頭取メッセージ

 皆さまには、平素より富山銀行をお引き立ていただきまして誠にありがとうございます。
 2020年3月期の我が国の経済は、期前半は緩やかな回復基調が続きましたが、期後半には、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行拡大から経済活動が抑制され、景気は弱い動きとなりました。この間、富山県経済も、期後半は新型コロナウイルス感染症の影響から経済活動が抑制され、弱い動きとなりました。
 このような中、当行では第6次中期経営計画「富山銀行ⅰプロジェクト」“Neo”- 未来に向かって - をスタートさせ、これまでのⅰプロジェクトで掲げてきたビジョンを承継・発展させ、「先進技術」「地域密着」「お客さま本位」「行員の働きがい」が融和した「革新的な銀行」を目指し、さらに進化すべく取り組んでおります。
 また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、お客さまおよび職員の健康と安全を最優先に考え、感染拡大防止に最大限努めると同時に、金融機能の維持や顧客保護の観点から必要な資金決済や資金繰り等の金融サービスの提供を誠実且つ迅速に対応しております。
 地域金融機関を取り巻く環境は、少子高齢化の進展や人口動向の変化に伴う金融資産の移動や事業所の減少等に加え、新型コロナウイルス感染症の拡大という難局に直面する中でますます厳しさを増しておりますが、引続き役職員一同、地元の金融機関として、地域経済ならびに銀行の発展のために努力を重ねてまいる所存でございます。今後とも、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

2020年6月 代表取締役頭取 中沖 雄